Celebrating

20 Years of Iconic Red Carpet Moments

ジミー チュウはブランド創設からの20年間、ハリウッドスターやロイヤルファミリー、世界的なファッショニスタたちに愛されてきました。

その歴史のなかでも特に印象的な、輝かしいシーンをご紹介します。


ジミー チュウを象徴するのは、カメラマンによってたかれる無数のフラッシュの下できらめくシューズ。レッドカーペットに立つセレブリティーたちにグラマラスなシューズをいち早く提供することにより、足元により注目がいくようになりました。


クリエイティブ・ディレクターのサンドラ・チョイがデザインするシューズには力強く、セクシーでありながらもウィットを感じさせ、なおかつうっとりするような魅力があります。その追随を許さないデザイン性こそが、今日に至るまでジミー チュウのシューズがレッドカーペットで確かな存在感を示し続けることを可能にしたのです。


レッドカーペットで最も着用されたシューズ(年別)

1996-2015



故ダイアナ妃について

“彼女は自身のクチュール・デザイナーの紹介で、ドレスに合わせるシューズのクリエイションをジミーに依頼してきたの。とても面白くて、良い意味で普通な人よ。モットコム・ストリートにある第一号店に車で来店するときは、外に交通監視員が来ていないかを気にしていたわ。いつも店舗の前にある駐車禁止ゾーンに車を止めていたから。”

- クリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ


ファーストレディ、ミシェル・オバマについて

“ホワイトハウスでのレセプションパーティーに招待されたことは、本当にそれが現実なのかを疑ってしまうほど、夢のような出来事だったわ。ファーストレディの博識さには愕然としたわね。もちろんパーティーの前に出席者に関しての情報は共有されているとは思うけれども、そこにいる一人一人のことを良くご存知だった。出席者は大勢いたのよ。今でも彼女がジミー チュウのシューズを履いて公の場に登場するたびに、すごく興奮するの。アメリカのブランドではないのに、すごいことよ。”

- クリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ



ケンブリッジ公爵夫人について

“数えきれないほどの選択肢があるなかで、夫人がジミー チュウのシューズを選んでくださったことはとても光栄なことだわ。彼女の影響力は絶大で、ロサンゼルスで行われた英国アカデミー賞のパーティーにVAMPを履いて登場した二日後には、同じシューズが売り切れてしまったのよ!ブランドの成長を感じた瞬間だったわ。二世代にわたってロイヤルファミリーにシューズを提供し続けられるのはまさに栄誉だし、これからもずっとジミー チュウが発展していけると確信が持てたの。”

- クリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ


アンジェリーナ・ジョリーについて

“ある日、アンジェリーナ・ジョリーが映画祭授賞式用に設置されるショールームに一人でふらっと訪れたの。すべてのサンプルを見終えた彼女が選んだ一足は、偶然紛れ込んでしまっていた、ずいぶん前にデザインされた黒いサテンパンプスだったわ。今のようにヴィンテージがもてはやされるようになるずっと前の話よ。世界で最も美しくスタイリッシュな女性が選んだ意外なシューズの思い出は、今でも私を笑顔にさせるわ。”

- クリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ



ユマ・サーマンについて

“女優がレッドカーペットに登場するとき、彼女たちは女優としての自分自身を完璧に演出しているわ。そんななか、ユマ・サーマンがジミー チュウのフラットサンダルを選んでくれたのはとてもクールに映ったし、あえてレッドカーペットで履くのがモダンに思えたわ。”

- クリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ


アナ・ケンドリックについて

“アナ・ケンドリックがアカデミー賞のオープニングセレモニーでジミー チュウの名前を織り交ぜたミュージカルを演じてくれたのは、これ以上なく素晴らしい演出だったと思っているわ。シンデレラの実写版映画のためにデザインしたシューズが世界中で注目されていたタイミングとも重なって、一層誇りに感じたわ。数多くの選択肢がある中で、ジミー チュウを選んでくれたという事実は、私たちが正しい道を歩んでいることを実感させてくれたわ。”

- クリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ


Watch the Video


Share