Jimmy Choo and W Magazine Celebrate

ニュー―ヨーク・ファッションウィークを彩るイット・ガールたち

" 「イット」とは、人を引き付ける磁力を持つ特別な存在を指す。"

- エリノア・グリン
1927年に「イット」という作品を書いたことで、人々を魅了する女性を示す言葉としての概念を世に広めた、英国の女流作家。

ダコタ・ファニング、ジェシカ・ハート、そしてヘイリー・ボールドウィンも皆「イット」である。

je ne sais quoi (言葉では言い表せない)、そんな魅力を持つ女性たちが、W Magazine とJIMMY CHOOが共同主催する午餐会にゲストとして出席しました。

W Magazineの総合監修を務めるリン・ハーシュバーグ、そしてJIMMY CHOOのクリエイティブ・ディレクターを務めるサンドラ・チョイがファッションウィークを祝し、ロウア―・マンハッタンにあるレストランLe Cou Couにてゲストをもてなしました。


ファッション、音楽、テレビ、映画、アートが衝突しながら互いに影響を与え合う、この混沌とした世界から、リン・ハーシュバーグにより厳選された最旬のイット・ガールたちが、この日のために集まりました。

ハリウッド女優のダコタ・ファニング、ウゾ・アブダ、シンシア・エリボ、ニコラ・ペルツ、モデルとして活躍するニーナ・アグダル、ステラ・マックスウェル、ヘイリー・ボールドウィン、ジェシカ・ハート、シャネル・イマン、アンドレイ・ペジック、ジョージア・ファウラー、ヒラリー・ローダ、ケイト・フォリー、そしてソーシャライツのニッキ―・ヒルトン・ロスチャイルド、キャロライン・ヴリーランドが駆けつけ、午餐会を華やかに盛り上げました。



PHOTO CREDIT: MATTEO PRADONI/BFA


Share