THE PARTY SEASON

JIMMY CHOO CELEBRATES IN MOROCCO

マラケッシュの中心地に佇み、アトラス山脈を見渡すラ マムーニア・ホテル。古典的な装飾要素とモダンラグジュアリーが融合したこの美しいホテルに、ジミー チュウはグローバルに活躍するスタイルメーカーを招待。それぞれがお気に入りのジミー チュウのパーティシューズで登場しました。フォトグラファーのキャンディス・レイクが撮り下ろしたスタイルメーカーのパーティースタイルをご覧ください。


Camille Charriere

エフォートレスかつエレガントなスタイルが得意な、英国とフランスにルーツを持つブロガーのカミーユ・シャリエールは、伝統的なモロッカンタイルを背景に質感と光沢を効かせて。


パーティー・アドバイス

'“メイクは完璧に、でも髪の毛は少しルースに仕上げる。それから、シューズは最高のものを履きこなすのがアウトフィットを完成させるポイントだと思っているの”'

- カミーユ・シャリエール



Jessica Stein

スリークでスタイリッシュなオーストラリアのファッションブロガー、ジェシカ・ステインは、ボックスタイプのクラッチバッグをコーディネート。


パーティー・アドバイス

“パーティでクラッチを持つときは、ルースなヘアスタイル、ヘアピンとリップクリームを合わせて。あと、スマートフォンのポータブル充電器を忘れずに!”

- ジェシカ・ステイン



Gala Gonzalez

スペインのブロガーでDJのガラ・ゴンザレスは、心地良さをポイントに。パーティルックにはフラットシューズGALAをコーディネート。


パーティー・アドバイス

フラットシューズを履きこなすか、可能ならバッグに入れて持ち歩くの。わたしのモットーは、常に心地よくあること。写真で見栄えが良くても、辛いと意味がないわ”

- ガラ・ゴンザレス



Hedvig Opshaug

ノルウェーのファッションブロガー、ヘドヴィグ・ウプスハウは、クラシックスタイルにジミー チュウの代名詞、ANOUKをコーディネート。


パーティー・アドバイス

“ほとんどボタンを外して着たブラウスから、レースのブラを見せるのが好き。ボタンを全部留めて着るときは、袖を少したくし上げるわ。バランスが全てよ”

- ヘドヴィグ・ウプスハウ



Lainy Hedaya

様々なジャンルのスタイルを披露し、ストリートスタイルも大好きなレイニー・ヘダヤは、パーティルックにボーイッシュなブローグでマスキュリンなタッチを。


パーティー・アドバイス

“サテンのように美しく光沢のある素材は、パーティーやイベントで着るとすごくゴージャス。でも、本当はグラマラスよりも少し力の抜けたクールなスタイルが好き”

- レイニー・ヘダヤ



Zanita Whittington

オーストラリアのフォトグラファーでブロガーのザニータ・ウィッティントンは、50年代にインスパイアされたスタイルを披露。


パーティー・アドバイス

“使い捨てカメラを持ち歩くこと。チープなフラッシュでフォトショップいらずの仕上がりになるの”

-ザニータ・ウィッティントン



Andy Torres

スポーティーなテイストが得意なメキシコのブロガー、アンディ・トレスはストリート感漂うメタリックスタイルで登場。


パーティー・アドバイス

“マスキュリンなアイテムとランジェリーのように美しいアイテムを組み合わせると素敵なコントラストになるのよね。例えばわたしは、スーツの下にレースのボディスーツを 着るのが好きなの。すごくセクシーでしょ“

- アンディ・トレス



Candice Lake

ストリートスナップのフォトグラファーとしても有名なキャンディス・レイクは、ビビッドカラーを取り入れてポーズ。


パーティー・アドバイス

“自分のスタイルから外れすぎないことがコツ。体の線がはっきりわかるようなタイトなドレスは無理。でも、風になびくようなポンポン付きの黄色いドレスなら喜んで!”

- キャンディス・レイク



Share