製品のお手入れについて

ご不明点はオンラインサポートまでお問合せください

グリッター

グリッターファブリック

グリッターファブリック

グリッターファブリックは、フルレングス ドレスの裾が靴と擦れ合ったり、バッグが脚などにあたったりする摩擦によってダメージを受ける場合がございます。ご使用中の摩耗により、グリッターがはがれる可能性がございますがこれは素材の性質によるもので製品の不具合ではございません。一度グリッターがはがれた部分に関しましては、再度グリッターを施し修理することができません。そのためグリッター ファブリックを使用した製品に関しましては、十分ご注意の上ご使用いただくことをお勧めいたします。アルコール成分を含む液体は損傷の原因となりますため、ご使用にならないようご注意ください。

コースグリッターファブリック

コースグリッターファブリック

ご使用中の摩耗により、グリッターがはがれる場合がございますのでご了承ください。コースグリッターファブリックは、素材の特性上表面が荒く不均一な仕上がりのため、シフォン素材のようなデリケートなファブリックを使用したアイテムと合わせてご着用されます際は、衣類をひっかけて傷めることがございませんよう十分ご注意ください。アルコール成分を含む液体は、メタリック仕上げにダメージを与えますためご使用にならないようご注意ください。

ラメ グリッター

ラメグリッター

ラメグリッターは、他のグリッター ファブリックよりも表面密度が高く、素材に張りがございますが、ご使用中にグリッターがはがれる可能性がございます。これは素材の性質によるもので製品の不具合ではございません。一度グリッターがはがれた部分に関しましては、再度グリッターを施し修理することができません。アルコール成分を含む液体は、メタリック仕上げにダメージを与えますためご使用にならないようご注意ください。

ダイアモンドグリッターベルベット

Glitter Fabric

着用によって繊維が抜け落ちることがございますが、これは素材の性質です。グリッターダイアモンドは一度剥がれ落ちると同じように修復することはできません。お手入れする際は、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。また、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

ファンタジーウーヴンファブリック

Glitter Fabric

お手入れの際には、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。なお、この際にお手入れ用品は一切使用しないで下さい。

フェルト

Glitter Fabric

お手入れの際には、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。なお、この際にお手入れ用品は一切使用しないで下さい。

フラワージャカード

Glitter Fabric

軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。なお、ほつれや毛羽立ちが生じると、元と同じように修復することはできませんので、取り扱いには十分にお気を付け下さい。

グリッターメッシュ

Glitter Fabric

この素材はスエードと同じように扱ってください。とても吸収しやすく傷つきやすいため、取り扱いには十分お気を付け下さい。一度深く傷や汚れが付くと、元と同じように修復することはできません。着用の経過でグリッターが剥がれ落ちてしまうのは素材の性質で、不良ではありません。グリッターは剥がれてしまうと再度取り付けることはできません。また、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

プリンテッドコースグリッターファブリック

Glitter Fabric

コースグリッターの製品を着用する際はシフォンなどデリケートな素材のお洋服の引っかかりにご注意ください。なお、着用の経過でグリッターが剥がれ落ちてしまうのは素材の性質で、不良ではありません。グリッターは剥がれてしまうと再度取り付けることはできません。また、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

レオパードフロックドグリッター

Glitter Fabric

素材にダメージをあたえる原因になるので、アルコール類や溶剤に触れないようご注意下さい。お手入れ用品は使用しないで下さい。乾いた柔らかい布でホコリや簡単な汚れを取り除けます。

レオパードプリント・ブークレファブリック

Glitter Fabric

ホコリや簡単な汚れは乾いた柔らかい布で取り除けます。お手入れの際は一切の薬品類、特に溶剤を含むものはレオパード柄を剥がしてしまうため、使用しないでください。

プリンテッドレース

Glitter Fabric

とても繊細な素材ですので、摩擦や引っかかりにご注意下さい。ダメージを元と同じように修復することはできません。軽度の汚れを除去する為には、乾いた柔らかい布で汚れを拭き、ケア用品は使用しないで下さい。

スプレードコースグリッターファブリック

Glitter Fabric

コースグリッターの製品を着用する際はシフォンなどデリケートな素材のお洋服の引っかかりにご注意ください。なお、着用の経過でグリッターが剥がれ落ちてしまうのは素材の性質で、不良ではありません。グリッターは剥がれてしまうと再度取り付けることはできません。また、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

レザー

ミラーレザー

ミラーレザー

ミラーレザーは柔らかいカーフを使用して仕上げております。着用などにより継続して一定の箇所が曲がりますとしわになる場合がございます。これは素材の性質によるもので製品の不具合ではございません。素材の特性上、ミラーレザーに寄ったしわや傷は、元に戻すことができません。アルコール成分を含む液体は、メタリック仕上げにダメージを与えますためご使用にならないようご注意ください。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。ミラーレザーを使用した製品は、高温多湿の場所に保管することのないようご注意ください。

メタリックリザードプリントレザー

メタリックリザードプリントレザー

ご使用中の摩耗により、メタリック仕上げがはがれる場合がございます。これは素材の性質によるもので製品の不具合ではございませんが、はがれたメタリック仕上げを修復することはできません。アルコール成分を含む液体はメタリック仕上げにダメージを与えますためご使用にならないようご注意ください。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。市販の汚れ落とし剤等の液体も素材にダメージを与えますためご使用にならないでください。

ポニープリント

ポニープリント

ポニープリントは、漂白したカーフのヘアー部分にプリントが施されています。デリケートな素材のため、ダメージを受けた部分を修復することはできません。ポニープリント素材を使用して作られているバッグは、身体に対して常に同じ側を向けてお持ちください。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所で自然乾燥させてください。

グリッターレザー

グリッターレザー

ご使用中の摩耗により、グリッターがはがれる場合がございます。これは素材の性質によるもので製品の不具合ではございませんが、はがれたグリッター仕上げを修復することはできません。アルコール成分を含む液体はグリッター仕上げにダメージを与えますためご使用にならないようご注意ください。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。市販の汚れ落とし剤等の液体も素材にダメージを与えますためご使用にならないでください。

エラフ

エラフ

エラフはアジアに生息するウォータースネークの一種です。エラフを使用して作られている製品には特別な注意が必要です。ご使用頻度、取扱い、保管場所にもご注意ください。鱗の部分が浮き上がる場合があります。これはスネークレザーの性質によるものですが、一旦浮き上がってしまった部分は残念ながら修復することができません。メタリック仕上げが施されたエラフの製品には、アルコール成分を含む液体はご使用にならないでください。

スエード

スエード

スエードは非常に吸収性の高い素材のため、しみや傷などが簡単につきます。製品を良好な状態に保つために、素材に適したスエードプロテクターのご使用をお勧めいたします。良質のスエードブラシを使用し軽度の汚れを除去することは可能ですが、過度のご使用は修復不可能なダメージを与えますため十分にご注意ください。

グレイニーカーフ (ブーツ)

グレイニーカーフ (シューズ)

カーフレザーは比較的耐久性があり通気性もよいため、よくブーツに使用されます。グレイニーカーフレザーはご使用に伴い傷などがつくことがございます。軽度の汚れは軽く湿らせた柔らかい布で拭きとり、直射日光を避け、風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。グレイニーカーフ製品には、素材に適したレザープロテクターのご使用をお勧めいたします。

グレイニーカーフ (バッグ)

グレイニーカーフ (バッグ)

ハンドバッグに使用されるグレイニーカーフレザーには、薄く保護コーティング加工が施されています。比較的耐久性があり、薄く保護加工も施されておりますが、ご使用に伴い傷がつくことがございます。カーフレザーのお手入れには、素材に適したレザー専用クリームを使用することをおすすめいたします。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、熱や直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。

クラシックカーフ

クラシックカーフ

クラシックカーフレザーは非常に吸収性が高く、染みができやすいため、ご使用の前に素材に適したレザープロテクターをご使用いただくことをお勧めいたします。ご使用に伴いレザーは次第に濃く深みのある色味に経年変化いたします。これは素材の性質によるもので製品の不具合ではございません。レザーに軽度の傷がついた場合は、きれいな指で軽く擦ると、レザーの天然油分により傷が目立ちにくくなります。

パテントレザー

パテントレザー

パテントレザーは、耐久性があり、長持ちする仕上がりが得られるアクリルとポリウレタンを混合した塗料を施したリアルレザーで作られています。パテントレザーに付着した軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布で簡単に除去することができます。ご使用に伴い摩耗が進みますと、パテントレザーの光沢が徐々に失われる場合がございます。パテント素材は顔料や染料等のインク類が触れると色移りしやすいため、製品をご使用されていないときは布袋に入れて保管し、色の濃い他製品や、インク類に触れないようにご注意ください。アルコール成分の含まれた液体や溶剤は素材にダメージを与えますのでご使用にならないようご注意ください。

ディアスキン

ディアスキン

ディアスキンは一般的に最高級のシューズやアクセサリー、ウェア製品に使用される丈夫で弾性のあるレザーです。メタリック仕上げが施された製品は、ご使用に伴い表面の仕上げが摩擦や摩耗によりはがれる場合があります。アルコール成分の含まれた液体や溶剤は素材にダメージを与えますのでご使用にならないようご注意ください。軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭きとってください。

ナッパ レザー

ナッパレザー

ナッパレザーは非常に柔軟性のある素材のため、本素材で作られたシューズはご使用に伴い若干伸びが生じます。サイズはやや小さめをご選択されることをおすすめいたします。ナッパレザーは吸収性がとても高いため、一度染みがつくと除去することが困難です。そのため市販の補色用カラークリームや保革製品のご使用は避けてください。

バイカーレザー(シューズ)

バイカーレザー(シューズ)

バイカーレザーは非常に柔らかく、傷のつきやすい素材です。ご使用中の摩耗に伴う傷などは通常、修理業者にて修理することが可能です。ナッパレザー同様、この素材はご使用に伴い柔らかくなるため、サイズのご選択にご注意ください。軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭きとってください。

バイカーレザー(バッグ)

バイカーレザー(バッグ)

バッグに使用されるバイカーレザーは、柔軟性と耐久性を兼ね備えております。明るい色の製品には水染みのあとが残りやすいため、必要に応じて素材に適した撥水スプレー等のレザープロテクターを使用し、雨や水分を避けるようご注意ください。軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭きとってください。

スエードシアリング

スエードシアリング

外側の面にあたるスエードは、他の一般的なスエードと同様のお手入れが必要です。シアリングのライニングの毛並は比較的復元力がありますが、ご使用に伴う磨耗により毛が抜けてしまうことがあります。

ナッパ シアリング

ナッパ シアリング

外側の面にあたるナッパは、他の一般的なナッパ レザー素材を使用した製品と同様のお手入れが必要です。シアリングのライニングの毛並は比較的復元力がありますが、ご使用に伴う磨耗により毛が抜けてしまうことがあります。

ヴァケッタ

ヴァケッタ

ご使用に伴う経年変化により、ヴァケッタ レザーの色は徐々に深みが加わります。革が柔らかくなり色が濃くなる過程は素材の性質によるもので製品の不具合ではございませんが経年変化を防止するために、製品は直射日光や直接光のあたるところを避けて保管してください。この素材は非常に吸収性が高く、一度汚れが染みこんでしまうと取り除くことができません。素材に適したレザープロテクターのご使用をお勧めいたします。ヴァケッタレザーとミラーレザーが一緒に使用されている製品に関しましては、水性のレザープロテクター以外はご使用ならず、ご使用量は最低限でお使いください。

ネオンデグレードパテントレザー

ネオンデグレードパテントレザー

ネオンデグレードパテントレザーは非常に複雑なプロセスで加工されています。出来上がるシューズに同じものは二つとなく、一つ一つ仕上げられています。グラデーション加工を施すために溶剤が使用されているため、市販の汚れ落とし剤等の液体のご使用はできません。軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭きとってください。色移りを防ぐために、シューズは片方ずつ布袋に入れて保管してください。

デグレードスエードミラー

デグレードスエードミラー

デグレードスエードミラーは非常に複雑なプロセスで加工されています。出来上がるシューズに同じものは二つとなく、一つ一つ仕上げられています。グラデーション加工を施すために溶剤が使用されているため、市販の汚れ落とし剤等の液体のご使用はできません軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭きとってください。色移りを防ぐために、シューズは片方ずつ布袋に入れて保管してください。ミラーレザーを使用している部分に、少ししわが寄る可能性がございますがこれは素材の性質によるもので製品の不具合ではございません。

メタリッククラック加工 レザー

メタリッククラック加工 レザー

メタリッククラック加工 レザーは細部にまでこだわった加工が施されており、独特の質感に仕上がっています。その他のメタリック仕上げが施されている素材同様、表面の仕上げがご使用中の摩耗や擦過によりダメージをうけることがあります。この素材はスエードを使用した製品と同じようにお手入れしてください。レザーにメタリック仕上げが施されているため、アルコール成分を含む液体や市販の汚れ落とし剤等の液体はご使用にならないようご注意ください。

パール加工グレイニーレザー

パール加工グレイニーレザー

その他のメタリック加工が施されている素材同様、表面の仕上げがご使用中の摩耗や擦過によりダメージをうけることがあります。レザーにメタリック加工が施されているため、アルコール成分を含む液体や市販の汚れ落とし剤等の液体はご使用にならないようご注意ください。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、熱や直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。レザーにメタリック加工が施されているため、アルコール成分を含む液体や市販の汚れ落とし剤等の液体はご使用にならないようご注意ください。

グロッシーカーフレザー

グロッシーカーフレザー

カーフは比較的耐久性の高いレザーですが、ご使用中の摩耗により傷がつくことがございますのでご注意ください。また、定期的なお手入れが必要となります。レザーのお手入れには素材に適した保革クリームを使用することをおすすめいたします。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、熱や直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。

マットリザードプリントレザー

マットリザードプリントレザー

リザードのプリントはカーフスキンにダブルエンボス加工を施して作られます。カーフスキンをベースにすることにより、強く耐久性のあるレザーに仕上がります。擦過状態が長く続くと、エンボス加工を施し隆起したテクスチャーにダメージを与える可能性があるため、十分にご注意ください。

パンチングスエード × ナッパレザー

パンチングスエード × ナッパレザー

これらの素材はスエードやナッパレザーを使用した製品と同じようにお手入れしてください。パンチング加工を施すことにより素材が若干伸びるため、サイズをご選択の際はご注意ください。

コースメタリックレザー

コースメタリックレザー

その他のメタリックレザー仕上げが施された素材同様、ご使用中の摩耗により、表面の仕上げにダメージを受けることがあります。レザーにメタリック仕上げが施されているため、アルコール成分を含む液体や市販の汚れ落とし剤等の液体はご使用にならないようご注意ください。吸収性が高い素材のため、一度染みがついてしまうと取り除くことができません。淡い色の製品には、素材に適したスエードプロテクターをご使用することをお勧めいたします。メタリック仕上げが素材に施されているため、アルコール成分や溶剤が含まれていない水性のプロテクター以外はご使用にならないでください。軽度の汚れは柔らかいラバーのスエードブラシを使って優しくブラッシングすることで取り除くことができますが、素材を傷つけないよう注意してご使用ください。

マイクロスタッズ付きグレイニーカーフレザー

マイクロスタッズ付きグレイニーカーフレザー

マイクロスタッズは引っ掛かりやすいため、シフォンのようなデリケートな素材を傷つける恐れがあります。ご注意ください。グレイニーカーフレザーは保護コーティングを持つ素材ですが、ご使用に伴い傷がつくことがあります。レザーのお手入れには、素材に適したレザー保革クリームを使用することをおすすめいたします。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、熱や直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。

スエード × デグレードパテントレザー

スエード × デグレードパテントレザー

スエードとデグレードパテントレザーは非常に複雑なプロセスで加工されています。出来上がるシューズに同じものは二つとなく、一つ一つ仕上げられています。グラデーション加工を施すために溶剤が使用されているため、市販の汚れ落とし剤等の液体のご使用はできません軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭きとってください。スエード素材のお手入れには、柔らかいスエードラバーブラシをご使用ください。目の粗いワイヤーのスエードブラシはパテント仕上げの部分にダメージを与える可能性があるためご使用は避けてください。

グロッシーカーフレザー

グロッシーカーフレザー

カーフは比較的耐久性のあるレザーですが、ご使用中の摩耗により傷がつくことがございますのでご注意ください。軽度の汚れを除去するためには、軽く湿らせた柔らかい布でやさしく拭き、熱や直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させてください。グロッシーカーフレザーにはフィルム加工が施されているため、アルコール成分を含む液体や市販の汚れ落とし剤等の液体はご使用にならないようご注意ください。

ホログラムパテントレザー

ホログラムパテントレザー

ご使用に伴いパテントレザーの光沢感が徐々に失われる場合がありますが、他の種類のレザーと比べて滑らかな質感は維持されます。ホログラムパテントレザーは、顔料並びに染料などのインク類に触れていると色移りしやすいのでご注意ください。製品を使用していないときは、常に布袋に保管し、アルコール成分を含んだ液体や溶剤にも触れることのないようご注意ください。パテントレザーに付着した軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布で取り除いて下さい。

エナメルパテントレザー

エナメルパテントレザー

ご使用に伴い、徐々にエナメルパテントの光沢感が失われる可能性がございますが、他の種類の革と比べて滑らかな質感は維持されます。エナメルパテントレザーは、顔料や染料等のインク類が触れると色移りしやすいため、色の濃い他製品や、インク類に触れることないようご注意ください。製品をご使用されていないときは布袋に入れて保管してください。アルコール成分を含む液体や市販の汚れ落とし剤等の液体は素材にダメージを与えますのでご使用にならないようご注意ください。パテントレザーに付着した軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布で簡単に除去することができます。

ストレッチナッパレザー

ストレッチナッパレザー

ナッパレザーはもともと吸収性がとても高く、一度浸透してしまうと除去することはできない場合がありますため、市販されています補色用のカラークリームや保革製品類を使用しないで下さい。

スターエンボスサテンレザー

Mirror Leather

汚れを防ぐため、市販の革用撥水スプレーを使用して頂くことをお勧めします。経年と日焼けにより、色合いの変化が現れることがございますが、素材の特性であり不良ではございません。なお、表面の軽い傷跡は、清潔な指でこすることで目立たなくすることが可能です。

ベルベット

Mirror Leather

着用によって繊維が抜け落ちることがございますが、これは素材の性質です。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。

ウールスエード

Mirror Leather

とても吸収しやすく傷つきやすいため、取り扱いには十分お気を付け下さい。一度深く傷や汚れが付くと、元と同じように修復することはできません。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。過度の摩擦はダメージの原因となりますのでご注意ください。傷んでしまった素材は修復が出来ません。

ハウンドトゥーススエード

Mirror Leather

とても吸収しやすく傷つきやすいデリケートな素材のため、取り扱いには十分お気を付け下さい。一度深く傷や汚れが付くと、元と同じように修復することはできません。お手入れの際は一切のケア用品およびブラシ等を使用しないでください。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。

アスファルトパテント

Mirror Leather

簡単な汚れは湿った布で取り除くことが出来ます。経年変化でパテントの光沢感が次第に消えていく可能性がありますが、常に滑らかな質感を保ちます。着用していないときは布袋に入れ、濃い色の素材に触れないよう保管して下さい。また、アルコール類や溶剤に触れないようご注意下さい。

ブラッシュドマットカーフ

Mirror Leather

カーフは比較的丈夫な革ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。また、カラークリームのご使用も避けて下さい。

カーフレザー

Mirror Leather

カーフは比較的丈夫な革ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。また、カラークリームのご使用も避けて下さい。

シェニールベルベット

Mirror Leather

お手入れする際は、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。また、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。傷がつくと同じようには修復できないため、着用の際は十分にお気を付け下さい。

クロコエンボスレザー

Mirror Leather

お手入れする際はケア用品を使用せず、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。傷がつくと同じようには修復できないため、着用の際は十分にお気を付け下さい。着用しないときは湿気の少ない涼しい場所で保管してください。

クラッシュドシャイニーレザー

Mirror Leather

アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。傷がつくと同じようには修復できません。お手入れする際はケア用品を使用せず、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。

エンボスミラーレザー

Mirror Leather

この素材は表面仕上げを施している為、着用によって生じる摩擦でメタリック加工が剥がれていく可能性があります。これは革の特性であり不良ではありません。 一度メタリック加工が剥がれてしまうと、同じように修復することはできません。アルコール類を含む液体に触れないようご注意ください。また、頻繁に屈伸することで革にシワが付く場合がありますが、これは革の特性であり元に戻すことはできません。メタリックレザーをお手入れする際は、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。なお、この際にお手入れ用品は一切使用しないで下さい。

エンボスストライプレザー

Mirror Leather

カーフは比較的丈夫な革ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。また、カラークリームのご使用も避けて下さい。

グレイニーレザー

Mirror Leather

比較的耐久性のある素材ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。ワックス仕上げを施しているため、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

グレイニーブラッシュドレザー

Mirror Leather

比較的耐久性のある素材ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。ワックス仕上げを施しているため、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

ホログラフィックプリンテッドレザー

Mirror Leather

とても吸収しやすく傷つきやすいデリケートな素材のため、取り扱いには十分お気を付け下さい。一度深く傷や汚れが付くと、元と同じように修復することはできません。表面のホイル加工は剥がれてしまうと再度取り付けることはできません。お手入れの際は一切のケア用品およびブラシ等を使用せず、また、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。

メタリックカモフラージュレザー

Mirror Leather

色や仕上げが取れてしまう為、アルコール類や溶剤に触れないようご注意下さい。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所で乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。過度の摩擦はダメージの原因となりますのでご注意ください。傷んでしまった素材は修復が出来ません。なお、着用しないときは湿気の少ない涼しい場所で保管してください。

メタリック クリンクル・ラムスキン

Mirror Leather

素材の色合いと仕上げを維持する為、アルコール類を含む液体との接触を避けてください。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所で乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。過度の摩擦はダメージの原因となりますのでご注意ください。傷んでしまった素材は修復が出来ません。

メタリックグレイニーレザー

Mirror Leather

この素材は表面に箔をのせて仕上げているため、過度な摩擦によって元来の風合いが損なわれてしまう可能性があります。これは素材の特性であり不良ではありません。傷んでしまった素材は修復が出来ません。素材の色合いと仕上げを維持する為、アルコール類を含む液体との接触を避けてください。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所で乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。

メタリックサフィアノ

Mirror Leather

素材の色合いと仕上げを維持する為、アルコール類を含む液体との接触を避けてください。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所で乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。過度の摩擦はダメージの原因となりますのでご注意ください。傷んでしまった素材は修復が出来ません。

タータンサフィアノ

Mirror Leather

素材の色合いと仕上げを維持する為、アルコール類を含む液体との接触を避けてください。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所で乾燥させて下さい。ケア用品の使用は一切おすすめしません。過度の摩擦はダメージの原因となりますのでご注意ください。傷んでしまった素材は修復が出来ません。

ナチュラルベジタブルダイレザー

Mirror Leather

経年と日焼けにより、素材の色合いに濃淡があらわれます。これは素材の特性であり不良ではありません。カーフは比較的丈夫な革ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。

ミニプリンテッドレザー

Mirror Leather

とても吸収しやすく傷つきやすいため、取り扱いには十分お気を付け下さい。一度深く傷や汚れが付くと、元と同じように修復することはできません。軽度の汚れを除去する為、ラバー製のヌバックブラシを使用することも有効ですが、プリントが剥がれないよう細心の注意を払ってください。ワイヤーブラシの使用は一切おすすめしません。防水のため、スエード及びヌバック用の保護剤を使用していただくことが可能です。

マット(シャイニー)エンボスレザー

Mirror Leather

軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。過度の摩擦はダメージの原因となりますのでご注意ください。傷んでしまった素材は修復が出来ません。なお、着用しないときは湿気の少ない涼しい場所で保管してください。

シャイニーグレインドレザー

Mirror Leather

カーフはとても扱いやすく日常使いに適した素材ですが、着用によりダメージが生じることがございます。ダメージは多くの場合、修理業者で簡単に修復することが可能です。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。市販の保護剤の使用も有効です。

シャイニーレザー

Mirror Leather

カーフは比較的丈夫な革ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。素材に影響を及ぼす可能性がある物質を含むケア用品は使用されないことをおすすめします。

ソフトカーフレザー

Mirror Leather

カーフは比較的丈夫な革ですが、着用によりキズ等が付いてしまうこともある為、定期的にお手入れをする必要があります。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所にて乾燥させて下さい。市販の保護剤の使用も有効です。

ストライプパテント

Mirror Leather

軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で汚れを拭き取ってください。着用によって、徐々に元来の艶感が失われるのは素材の性質です。着用していないときは布袋に入れ、濃い色の素材に触れないよう保管して下さい。また、アルコール類や溶剤に触れないようご注意下さい。

ヴィンテージミラーレザー

Mirror Leather

この素材は表面仕上げを施している為、着用によって生じる摩擦でパール加工が剥がれていく可能性があります。これは革の特性であり不良ではありません。 一度パール加工が剥がれてしまうと、同じように修復することはできません。お手入れの際は、乾いた柔らかい布でホコリや汚れを取り除いて下さい。なお、この際にお手入れ用品は一切使用しないで下さい。アルコール類を含む液体に触れないようご注意ください。

スネークスキン

レースプリントパイソン

レースプリントパイソン

アルコール成分の含まれた液体や市販されている汚れ落とし剤等の液体は天然の油分を損ない、革を乾燥させてしまう可能性がございますのでご使用にならないで下さい。軽度の汚れは柔らかいブラシか柔らかい布で取り除いてください。

グリッターパイソン

グリッターパイソン

アルコール成分の含まれた液体や市販されている汚れ落とし剤等の液体は天然の油分を損ない、革を乾燥させてしまう可能性がございますのでご使用にならないで下さい。軽度の汚れは柔らかいブラシか柔らかい布で取り除いてください。ご使用中の摩耗のために、グリッターがはがれる可能性がございますが、これは素材の性質であり、不具合ではございません。一度はがれてしまったグリッター箇所は修復することはできません。

フランネル

フランネル

軽度の汚れは柔らかいブラシか柔らかい布で取り除いてください。アルコール成分や市販されている汚れ落とし剤等の液体は、フランネル素材に施されている耐水加工を除去し、素材にダメージを与える可能性がございますのでご使用にならないで下さい。

プリーツ/ヘリンボーンエラフ

プリーツ/ヘリンボーンエラフ

エラフはアジアに生息するウォータースネークの一種です。エラフを使用して作られている製品には特別な注意が必要です。ご使用頻度、取扱い、保管場所にもご注意ください。鱗の部分が浮き上がる可能性があります。これはスネークレザーの性質によるものですが、一旦浮き上がってしまった部分は残念ながら修復することができません。

エラフ

Lace Print Python

他のヘビ革製品と同様のお手入れが必要です。パイソンなどと比べると細かい鱗で密に覆われていますが、保管環境や日光、経年の影響により徐々に鱗が浮いてくる可能性があります。これは製品の特性で、一度浮いた鱗は元に戻せません。なお、素材にダメージをあたえる原因になるので、アルコール類や溶剤に触れないようご注意下さい。

スネークプリントレザー

Lace Print Python

表面の仕上げが損なわれてしまう可能性があるため、アルコール類、溶剤を含む液体に触れないようご注意ください。軽度の汚れを除去する為には、乾いた柔らかい布で汚れを拭き、ケア用品は使用しないで下さい。

ファー

ラビットファー

ラビットファー

ラビットファーには比較的弾性がありますが、シアリングと同様、ご使用に伴う磨耗によりダメージを受けることがあります。最初に着用する際に少量の毛が抜ける場合がありますが、ご使用回数を重ねていくうちに徐々に落ち着きます。

グロッシーディアスキン

グロッシーディアスキン

ディアスキンは強度のある素材でもあり、ご使用に伴う摩耗に対しても弾性がありますが、ご使用を続けますと徐々に光沢感が失われる場合があります。また、アルコール成分や溶剤を含む液体には触れないようご注意ください。軽度の汚れは、軽く湿らせた柔らかい布で拭き取ってください。

レーザーカット・ラビットファー

レーザーカット・ラビットファー

ラビットファーには比較的弾性がありますが、シアリングと同様、ご使用に伴う磨耗によりダメージを受けることがあります。最初に着用する際に少量の毛が抜ける場合がありますが、ご使用回数を重ねていくうちに徐々に落ち着きます。

レーザープリントポニー

レーザープリントポニー

ポニーヘアーは大変デリケートな素材のため、一度はげた部分を修復することはできません。この素材を使用したバッグは、常にバッグの同じ側を身体に向けてご使用いただくことをおすすめいたします。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で毛の流れにそってやさしく拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させて下さい。

フォックスファー

フォックスファー

フォックスファーには比較的弾性がありますが、ご使用に伴う磨耗によりダメージを受けることがあります。最初に着用する際に少量の毛が抜ける場合がありますが、ご使用回数を重ねていくうちに徐々に落ち着きます。軽度の汚れを除去する為には、軽く湿らせた柔らかい布で毛の流れにそってやさしく拭き、直射日光を避けた風通しの良い場所ですぐに乾燥させて下さい。市販の汚れ落とし剤等の液体は素材にダメージを与えますためご使用にならないでください。