持続可能性

環境配慮製品
信頼できる方法で調達された原材料の使用を増やし、代替材料の可能性を追求することを約束します。
製品およびコレクションにおいて、トレース可能かつ信頼できる方法で調達されたリサイクル可能な素材の使用を増やすための創造的な解決策を見つけることに取り組んでいます。
ジミー チュウは、2025年までに環境に配慮した製品と素材の使用を主流にすることを目指し、コレクションごとに認証されたコンテンツの進行状況の把握に努めています。
責任を持って調達された素材に対する弊社のコミットメントの一例として、Diamond Light Maxiスニーカーが挙げられます。 Diamond Light Maxiレザースニーカーは、LWG(Leather Working Group)の認証を受けたイタリアのなめし革業者から供給されたレザーを使用しています。 また、Diamond Light Maxiスニーカーのニットバージョンには、リサイクルポリエステルやリサイクルナイロンなどの低環境負荷型繊維を50%以上使用し、ソールの一部にリサイクルラバーを採用しています。
さらに、シューボックスやショッピングバッグに使われている紙やダンボール、そして薄葉紙、ダストバッグ、シューズスティックなども含む製品パッケージ全体に、改良された素材を取り入れています。 ここにはFSCミックスで認証された、より責任ある調達とリサイクルされたコンテンツも含まれます。 ジミー チュウでは、可能な限り、プラスチックや発泡スチロールを使った梱包材の代わりに、竹シートなどの革新的な代替品を使用しています。
製品およびパッケージにおいて弊社が推進している認証取得は、LWG、GOTS、GRS、RCS、OCS、RWS、FSCなどです。
ジミー チュウでは、表地や裏地に次のようなレザーや繊維を50%以上使用したものを「環境配慮型製品」と定義しています。
南米以外に拠点を置くGold and Silver LWG認定の皮革工場から調達されたレザー
廃棄されるはずのレザーをリサイクルまたは再利用したもの
クロムまたは金属を使用せずになめしたレザー
認定テキスタイル( GOTS、OCS、GRS、RCS、RWS、FSCにより認定)
植物由来など新しいイノベーションから生まれた代替素材
各認定団体の名称は次の通り:レザー・ワーキング・グループ(LWG)オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)オーガニック・コンテント・スタンダード(OCS)グローバル・リサイクル・スタンダード(GRS)リサイクル・クレーム・スタンダード(RCS)レスポンシブル・ウール・スタンダード(RWS)森林管理協議会(FSC)

他の柱を発見する

持続可能性

続きを読む

持続可能性

続きを読む

ステンタビリダード

続きを読む

持続可能性

続きを読む