< Back to In My Choos

クリステン・ノエル・クロウリーとエヴァン・モック:In My Choo インタビュー

Play video Play video

クリステン・ノエル・クロウリーとエヴァン・モックは、人に左右されない確固たる自分らしさを持つことで知られています。クリステンは、大人気コスメブランドKNC Beautyを立ち上げた起業家。大物スターたちも彼女のリップマスクを愛用する中、今年初めには、未来の黒人起業家たちを支援するビューティースクールを設立しました。

ハワイ出身のスケーター、サーファー、モデル、そしてフォトグラファーであるエヴァン・モックは、大胆なキャットウォークの常連。シンガーソングライターのフランク・オーシャンに見いだされた現在急成長中の新星です。伝説的写真家マリオ・ソレンティの娘グレイ・ソレンティと交際中で、クリステンいわく「信じられないくらい本物のスピリット」の持ち主だそう。

両ブランドのデザインアイコンを融合し、オフタイムをグラマラスに仕上げる限定モデルで彩ったカプセルコレクション―クリステンとエヴァンのあふれる自信と解放感は、JIMMY CHOO x TIMBERLANDを表現するインスピレーションに共鳴しています。

そんなダイナミックなふたりが、自身のスタイルの進化や、パンデミック下のロックダウンから得た学びについて語ってくれました。

「ブーツはどんな服にも合わせやすくて、何も考えなくてもぴったりくるんだ。街歩きにも友人とのディナーにも履いていくつもりだよ」エヴァン

自身のスタイルをどのように考えていますか?

クリステン(以下、K):キャリー・ブラッドショーと90年代スタイルのミックスに、バービー人形っぽさをちょっぴりプラス。ビューティーとスタイルのルックを作るときは、予想外な色をアクセントに加えるのが好き。

エヴァン(以下、E):ハワイの影響はかなり大きい。ビンテージのハワイアンシャツがワードローブの半分を占めてるよ。ハワイ出身であることは僕の誇りだから、それを示したいんだ。

JIMMY CHOO x TIMBERLANDコラボレーションは、グラマーとカジュアルを両立しています。ブーツを自身のワードローブにどう合わせたいですか?

K: 最初に思ったのは、バギースタイルのリコンストラクテッドデニムにクロップドトップス、ボリューミーなジャケットと合わせることね。

E: ブーツはどんな服にも合わせやすくて、何も考えなくてもぴったりくるんだ。街歩きにも友人とのディナーにも履いていくつもりだよ。

過去数年間で、自身のスタイルにどのような変化がありましたか?

K: フェミニンなアプローチを取り入れることが増えたかな。でも、ストリートウェアはこれからもずっと好き。

E: たくさんのことを学んだよ。クールだと思うスタイルをいくつも経験してきた。ガールフレンドからスタイリングのヒントをもらって、自分にしっくりくる服を着る。着心地がよくて、気分がよくなるスタイルをね。

「自分の過去や特権に関係なく、やりたいと思ったことは絶対にできる。いまこの瞬間を楽しんで生きて、謙虚さと思いやりを忘れないこと」エヴァン

JIMMY CHOO x TIMBERLANDコレクションの中で、いちばんのお気に入りは

K: 全面にクリスタルをあしらったブーツね。とてもスペシャルで他にはないデザインよ。

E: Tブラックのブーツ。クラシックなデザインで、なんにでも合うからね。

TIMBERLANDでは、本コラボレーションのブーツ1足につき1本の植樹を行います。サステナビリティは、あなたにとってどれくらい重要ですか?

K: 自分のやることすべてにおいて、より良い状態を目指しているわ。エコバッグを使ったり、KNC Beautyの商品のためにサステナブルな包装を開発したりね。

E: サーファーとして、海に漂流するプラスチックの量を目の当たりにしてきた。たったひとつしかない地球なんだから、自分たちで守らなくちゃいけない。小さな行動でも、始めることで変化を起こせる。ビーチに行ったらゴミを拾ってほしい。それを見たほかのだれかの行動を変えられるかもしれないから。

ロックダウン中、日常生活で自然と触れ合う重要性を実感した人も多いと思います。外で過ごすことは、あなたの精神的な健康にとって重要だと思いますか?

K: もちろん。家族と外で過ごすのが大好きなの。夕暮れ時に散歩したり、公園でピクニックをしたり。みんなで家にいる時とは違うつながり方ができるわ。

E: 率直に言って、アウトドアの生活が僕のすべてだよ。ハワイでは、海とビーチしか知らずに育った。いまは1年の一部をニューヨークで過ごすから、散歩やスケートボードをしてアクティブに過ごすようにしてる。

ロックダウン中、自分自身について学んだことは?

K: 他の何よりも家族とのつながりを優先すること。

E: 実際に会えないときに、友人たちと連絡を取り合うことがどれだけ大事か学んだよ。

「Black Lives Matterムーブメント(黒人差別反対運動)」などの問題について、自身のプラットフォームで声を上げることの重要性をどう考えていますか?

人種差別問題に光を当てるために、自分で声を挙げることはほんとうに重要。KNC・スクール・オブ・ビューティーを立ち上げたのも、私の影響力を利用して、高い志を持つ黒人女性起業家たちの成功を支援するためよ。

国際的なモデルとして、あなたに関する最大の誤解はなんだと思いますか?

髪をピンクに染めたら突然有名になったってこと。懸命に努力して、チャンスをつかんだらものにする用意ができてたってことを理解してもらえないんだ。

だれも知らないあなたの秘密を教えてください。

K: 病的なくらい、テレビドラマの『The Office』に夢中なの!

E: I11歳の時、木から落ちて両腕を骨折したこと。ギプスを両腕にはめてたんだけど、かなりクールだと思ってた(笑)。自発的なアクティビティに興味を持つきっかけになったよ。

最後に、いままで聞いた中で最高の人生のアドバイスを教えてください。

K: 実行あるのみ。.

E: 自分の過去や特権に関係なく、やりたいと思ったことは絶対にできる。いまこの瞬間を楽しんで生きて、謙虚さと思いやりを忘れないこと。.

「本当に特別なブーツ。バギージーンズにクロップドトップス、オーバーサイズのジャケットを合わせたいな」クリステン

All items added to ウィッシュリスト

スタイルダイアリーをもっと見る