< Back to In My Choos

2020年プレフォールコレクションのミューズ ケイト・モス

2020年プレフォールコレクションのミューズは、改めて言うまでもなく今もアイコニックなスーパーモデルのケイト・モス(Kate Moss)です。14歳でスカウトされ、30年以上もトップモデルに君臨し続ける伝説の元祖スーパーモデルです。現在は自身の事務所、ケイト・モス・エージェンシーを運営し、イギリス版Vogue の編集者も務めています。彼女の自由奔放なスタイルは多くの女性に影響を与え続けています。 ロックンロールの気ままな雰囲気、 ヴィンテージのエレガンス、 典型的なブリティッシュのオリジナリティを併せ持つケイトのスタイルは、 世界中の女性たちのワードローブを変えてきました。 今シーズンのコレクション「 ボヘミアングラマー」 のミューズにケイト・ モスはうってつけです。 そんな彼女が、 ドレスアップの秘訣、 影響を受けた人、 2020 年、 彼女にとってのグラマラスなどについて語ってくれました。 < /p>

「私のスタイルはエクレクティック(折衷的)ね」と微笑むケイト・モス。ジミー チュウの2020年プレフォールキャンペーンの撮影スタジオで、ふわふわのフェザーに身を包み、そう言います。確かに彼女の言うとおり。世界におよぶケイトの影響力はそんな控えめなものではありません。ヴィンテージとコンテンポラリーが混在し、洗練された装いも素足のルックスもお手のもの。親近感がありながらバイタリティと斬新さに溢れるスタイル。そんなケイトのスタイルはこの30年間、女性の装いに影響を与え続けてきました。彼女の折衷的なスタイルの根底にあるもの、それは既成概念にこだわらずに自由に表現する彼女の自信。まさに2020年プレフォールコレクションのコンセプト「ボヘミアングラマー」と同じです。

そんなケイト・モスは、イブニングの装いをどのように決めているのでしょうか。「ドレスアップの鉄則はとくにないけれど、行く先がどんな場であるかは考えるわ。どういう人たちが、どういう服装をしてくるのかとか。憧れる女性はたくさんいるわ。アニタ・パレンバーグとスージー・ケイヴがとくに魅力的。」とケイト。 靴の好みははっきりしているようです。「ハイヒールのストラップサンダルが大好きよ。私のドリームシューズなの。毎日でも履きたいわ」。

"ハイヒールのストラップサンダルが大好きよ。私のドリームシューズなの。毎日でも履きたいわ"

ケイトはいまやファッション業界のベテラン的存在。これまでに豊富な経験と知恵を蓄えてきました。「人生の一番大きな出来事は、ケイト・モス・エイジェンシーを設立したこと。その過程でチームワークを大切にすることを学んだわ。事務所のモデルたちにはこう言っているの。『プロ意識を持つこと』、『最大限の努力をすること』、『意に沿わないことに対しては“ノー”と言うこと。』それから『本能的な直感を信じること』。」ファッション業界はどう変わったのでしょうか。ケイトはその変化は進化ではなく革新だったと言います。「ファッション業界は劇的に変化したわ。ソーシャルメディアが登場して様変わり」。ケイトはソーシャルメディア以前のファッション業界を知る最後の砦ともいえる一人。ケイト・モス・エージェンシーはインスタグラム公式アカウントを開設しているものの、積極的なフォローは行っていません。ソーシャルメディアでは今、時代を担うスーパーモデルたちの間でも、抹茶ラテが大ブーム。ケイトの座右の銘は「never complain, never explain(不平は言わない、言い訳しない)」。その言葉にソーシャルメディア以前の日々の名残が感じられます。

撮影スタジオに用意されたシューズの感想を3つのワードで表現してくれました。「モダン(modern)、セクシー(sexy)、スタイリッシュ(stylish)」。それはケイトがジミー チュウを表現するときのワードと同じ。そしてまさに、2020年プレフォールコレクションで映し出されるケイトのスタイリングそのもの。ブラックのタキシードにジミー チュウのスニーカーラインHAWAIIを合わせて。ローズピンクのカスケードシルクのガウンにスレンダーなMETZサンダルを組み合わせ。さらに、煌めくアンクルレングスガウンにクリスタルのフリンジをあしらったBAIAで完璧に仕上げて。どれもコンテンポラリーで、魅惑的で、まさにシック。モダングラマーの決め手は何なのでしょうか。「2020年のグラマラスは、オープンマインドで自分に自信があること。モダンウーマンとは、自信を内に秘めた女性」とケイトは言います。モデルの長年のキャリアで多くのことを成し遂げてきたケイト・モスの内なる自信の源は、彼女のプライベートライフにあるようです。「私が一番誇らしい気持ちになるのは、娘のライラが素敵な女性に成長していると思うとき」。ファッション界で30年活躍してきたケイト・モス。今なお多くの女性のアイコン的存在であり続けています。

"事務所のモデルたちにはこう言っているの。『プロ意識を持つこと』、『最大限の努力をすること』、『意に沿わないことに対しては“ノー”と言うこと。』。"

All items added to ウィッシュリスト

View more style diaries